木造ドミノ住宅 イロハって? 

「いい家」の価値感が変わっていく時代に、「自分らしい暮らし」を実現するために生まれた『イロハ』。

住む人の感性や嗜好に合わせて、豊かな暮らしを愉しむためのシンプルな木の家です。

内保製材が これまで注文住宅で培ってきた『プロの経験』と『考察』を結集した「イロハ」。

コストと性能を考えた 良質でシンプルな木の家です。

 

「良質でシンプルな木の家」って何だろう?

家族が増えたり子どもが成長して巣立ったら、暮らし方ってどうなるの?
間取りって、どのように決めたらいいの?
そもそもどのような暮らしをしたいのか決まっていない・・・

もしそうお悩みなら、木造ドミノ住宅「イロハ」は、いかがでしょうか?

「イロハ」は、良質でシンプルな木の家。

スケルトン(構造)とインフィル(内装・設備)が分離された住宅構造です。

そのため、室内に必要な柱は大黒柱のみ。

将来的なライフスタイルの変化に応じて、間仕切り壁をつくったり取り外したり・・・と間取りを自由に変更できます。

また、徹底的な合理化と規格化により、コストダウンと高品質化を同時に実現しました。

シンプルな構造だからこそ、住まい手が自分たちらしく育てる楽しみがあります。

内保製材がこれまで大切にしてきた「感響の家」の要素はそのままに、シンプルな構造にすることでコストパフォーマンスに優れた良質な住まいをお届けします。

 

木造ドミノ住宅とは?

新たな時代のスタンダードとなるべく生まれた木造ドミノ住宅。

「ドミノ」の名前は「ドム=家」と「イノ=新しい、革新的な」が組み合わせられたもので、近代建築の巨匠 ル・コルビュジエの創った言葉です。いま「木造ドミノ住宅」は、新しい住まいのあり方として大きな期待を寄せられています。

【受賞歴】グッドデザイン賞、地域住宅計画賞(すまいづくり部門)、第6回エコビルド大賞

▼木造ドミノ住宅をもっと詳しく知りたい方はこちら 


 

つくる、くらす、たのしむ
「イロイロ」楽しむ はじまりの家

イロハ

  

 

ここから始まる 自分色の暮らし

変わらない価値と、変わり続ける暮らし。
10年後、20年後、ずっと先の暮らしの変化にも対応できる安心の住まい「イロハ」。
家族の個性や趣味、暮らし方、家族構成やお子さんの成長に合わせて自由自在に間取りを変えられます。
家族の楽しみや遊び心、夢をいっぱい詰め込んで、「住んでから始まる家づくり」が楽しい。
白いキャンパスにあなたの色で自分たちらしい暮らしを描いていきましょう。

イロハが生まれた理由

わたしたちはずっと木の家を建てています。
製材所を持つ木の専門家として地域に根ざした工務店として、木の良さと職人の技を活かした家をつくっています。
その家は、世代をまたぎ家族の暮らしを支え、生命を守ってくれています。
また、地域の暮らしや文化を次代に繋ぐ家として景観に馴染み、地域の風土や慣習に合った家としても様々な役割を果たしてくれています。
そんな家で暮らす家族は自然とこころ豊かになり感性が育まれると思います。
そうして大切に住み継いでいく家こそが、本当に価値ある家として残っていくと信じています。
ただ、その時々の時代で暮らし方や家族のかたち、趣味や志向は変化しつづけるため、そのようなニーズに応える必要があり、対応する家づくりができることも求められています。
その背景には流行りだけではなく、国や行政がこれからの未来に必要とされる家の基準となる指針を具体的に示してきていることもあげられます。

  イロハが生まれた理由

そこで私達は家というものに求められるものをさらに深く広く見つめ直し、新たにカタチにしようと考えました。
もちろん、「感響の家」としての基本的な要素そして理念からぶれることなく更なる可変性、耐用性という価値を見出しました。
この価値感は実は従来の田舎建ちという建て方の家に備わっていたものです。
永く住み継ぐ家であることが前提で建てられてきた湖北の家は、時代に合わせて変化に対応しやすい間取りであり構造でありました。
それに次世代基準の環境性能や耐震、省エネルギー性能をプラスして現代版にアレンジしたものが「イロハ」です。
シンプルで自由自在に気軽に住まい手が暮らしをつくれる家。
いつでもその時が「はじまり」の家です。
この家で楽しく過ごす家族のほほえみと笑い声が響く情景を思い描きながらひとりでも多くの人に日本の木の家に住んでもらいたいと願います。

 イロハの特長


性能

長期優良住宅仕様次世代基準の高い耐震性・耐久性と省エネルギー性

 
間取り

家族の趣味や暮らし方、家族構成や子どもの成長に合わせて自由自在

 
素材

すべての柱、梁、土台は国産材(ヒノキ・杉)100%、壁や和紙などにもこだわりの自然素材を使用。(※オプションで東濃ヒノキをお選びいただけます)

長期優良住宅仕様の長寿命な企画提案型住宅。

グレードの高い本格的な木の家を徹底的な合理化と規格化により1,800万円からご提案。

 ロングライフデザイン


住まい方イロイロ。可変性や多様性のある間取りと安心の耐久性で、ずっと家族に寄り添う住まい。

スケルトン&インフィル 丈夫な躯体と可変性の高い内部空間

スケルトン(構造)とインフィル(内装・設備)が分離された構造となっているため、ライフスタイルやライフステージに応じた間取りを自由に変更できる住宅構造。

スケルトン&インフィル 丈夫な躯体と可変性の高い内部空間

スケルトン

間仕切り壁はなく、設備の配管・配線スペースが確保されながら、外壁で構造の安全性と断熱性能を確保しています。

 スケルトン

 

インフィル

基本スペースに、家族の暮らし方に合わせて設備、仕切り、家具を配置します。

インフィル

可変性に優れたイロハの間取り

新婚さんの新生活

《夫婦(30歳)2人の暮らし》

新婚さんの新生活

子どもの誕生

《夫婦(40歳)+2人の子どもの4人暮らし》

新婚さんの新生活

子どもの成長

《夫婦(45歳)+2人の子どもの4人暮らし》

子どもの成長

住宅+サロン

《夫婦(55歳)2人の暮らし》

住宅+サロン

親の介護

《夫婦(60歳)+親の3人の暮らし》

親の介護

シェアハウス

《ルームメイト4人の暮らし》

シェアハウス

 イロハのつくり


自然素材

安心でやさしい住み心地の自然素材

1.ヒノキと杉の骨組み

「イロハ」ではすべての柱、梁、土台の木材に国産材(ヒノキと杉)100%を使用しています。(※オプションで東濃ヒノキをお選びいただけます)

2.漆喰・珪藻土の塗り壁

内壁の仕上げには漆喰もしくは珪藻土の塗り壁を使用しています。調湿性能に優れていて、消臭や抗菌など空気をきれいにする働きもあります。さらに不燃材なので火気に強く、火災の際にも有毒ガスの発生がありません。

3.和紙

植物を原料とする和紙には木材と同じように調湿作用があります。時の経過とともに趣が増し、美しく変化していく様子をたのしんでいただけます。

 

職人の手仕事

丁寧な職人の手仕事

1.大工

現代の住宅では「のみ」や「かんな」を使うことも少なくなりました。しかし、「イロハ」では大工の手技によりひとつひとつの仕事が丁寧に仕上げられていきます。

2.左官

内壁、外壁とも左官職人の技術により塗り壁で仕上げられていきます。熟練の職人の技による塗り壁の風合に、落ち着きとやすらぎを感じていただけます。

3.建具

「イロハ」の建具は無垢の杉の木を使い、建具職人が一本一本手づくりで作り上げていきます。メンテナンスや調整が出来るので、長年愛着を持って使っていただけます。

省エネルギー性

省エネルギーで環境にやさしく快適

1.断熱材(ウッドファイバー)

壁の断熱材には木の繊維を原料とする「ウッドファイバー」を使用しています。木の特徴である優れた吸放湿性能で湿度をコントロールします。原料が自然素材なのでホルムアルデヒドやVOCを発散しません。間伐材を利用することで森林循環を促し森林保全、環境保全に貢献します。住む人と自然環境に優しい断熱材で快適な住環境をつくります。

2.断熱材(ミラフォーム+外部通気)

過酷な環境の屋根には、ポリスチレンフォームの断熱と棟から熱気を抜く外部通気の2重のつくりになっています。真夏の焼けつくような屋根の熱さを室内に伝えません。冬は保温性の高さで暖房の熱を外へ逃がさないつくりです。

3.開口部

外部開口には断熱性能の高いアルミと樹脂の複合サッシを採用。ガラスも空気層と金属膜で高い断熱性能を持つLOW-Eガラスを使用します。冬や夏でも窓からの熱の出入りを防ぎます。

4.ZEH対応

ZEH対応の省エネ照明、高効率給湯機、換気システムと高い断熱性能を標準装備。太陽光発電や高効率エアコンなどの設置でZEH基準をクリアする高い省エネルギー性能です。

 

耐震性・耐久性

優れた耐震性・耐久性

1.長期優良住宅仕様

耐震等級2の高い耐震性と維持管理や劣化対策等級にも優れる長期優良住宅仕様を標準としています。

2.べた基礎

基礎には基礎全体で建物の荷重を支える「べた基礎」を採用。大黒柱を支える部分には地中梁を配し安定した安心の構造になっています。立ち上がりの少ないつくりのため、給排水などのメンテナンスにも優れています。べた基礎はシロアリ対策にも効果的です。

 

 ギャラリー


 
   
 

 

 木造ドミノ研究会に加盟しています。

   加子母子屋とのコラボレーション企画提案型住宅です。

 

イロハモデルハウスはこちら

 

↓↓イロハの資料はこちらからご請求ください↓↓

 


 

 

ページトップへ