川瀬文明 自己紹介へ

完成宅見学行います

湖北の地にも春がやってきました!

センムの川瀬です。

 

社屋(暮らしギャラリーふくらの杜)の玄関前で、毎朝朝礼を行っているのですが、

枝だけだった、目の前の大きなサクラの木が蕾を付け3分咲きほどになり、毎日目を楽しませてくれてます。

サクラのチカラってすごいですよね。

元気もらいます。

 

ついこの前までこんな景色だったなんて、すっかり忘れてしまいます。

不思議ですよね・・・・・・。

 

さて、今週末  4月5日・6日

長浜市速水町にて完成見学会を開催させていただきます。

「風通しの良い親子関係を築きたい」

という施主さまの思いを具現化したこの住まいは、そのためにどんな工夫がされているのか?

ぜひ見にいらしてくださいね!

「感響の家」の、コンセプト、家族の健康を支える安全・安心。

厳選した漆喰壁や無垢の木をそのまま利用することで本来持つ素材の魅力を大切にしています。

快適な住環境と建物の寿命を延ばすエアパス工法。

地域に馴染むデザイン。

など、見どころたくさんです。

床面積36.6坪  施工面積46.5坪のお住まいです。

 

やはり雪国湖北には、深い軒が似合います。

冬じゃなくても重宝しますよね。

昔の当たり前の工夫ですが、今風な言葉では 『パッシブデザイン』 って言います(^u^)

 

低めのキッチンカウンターは広々感があり良いですね。

 

おたのしみに。

 

1ページ (全80ページ中)