設計の北川です。

台風一過で清々しい青空の一日でしたね。10月とは思えないほどの暑さでした(^_^;)

 

先日、「住宅省エネルギー技術 施工技術者講習」という講習会に参加してきました。


主に断熱材と気密の取り方の設計・施工法などについて学び、改めて断熱、気密の重要性を認識しました。


講習の中では、一般的にはなかなか徹底できていない部分もあるとの話もありましたが、その点エアパス工法は設計・施工がしっかり確立していると改めて感じました。

 

エアパス工法では、工程のなかで屋根と壁の検査を多くの目で行い、必ず漏れがないようにチェックをします。

そうすることで、快適な住まいが実現できるのですね。


逆にここまで徹底しないと、内部結露や本来の住宅の性能も落ちてしまうため、身の引き締まる講習となりました。

 

引き続き、徹底した設計・施工品質の向上に努めていきたいと思います。

1ページ (全79ページ中)