こんにちは

企画広報のたかやまです。
 
きのうから、急に寒くなりましたね。
ふくらの杜では薪ストーブに火を入れ始めましたよ!
 
 
今日は、午後から
「郷土料理教室~冬の湖北を味わう~」を開催いたしました。
 
今回で、春・秋・冬・・・と3回目の教室です。
 
本日のメニューは
「棒だらと里芋の煮付け」と「えび豆」です

棒だらは、
食べたことはあるけれど、
作ったことはない・・・という方も多かったです。
 
乾燥からの戻し方、煮崩れしない方法など
いろんなことを教えていただきました。

三田先生、とってもお話しやすい先生で
みなさん、日頃の料理の疑問なども
ついでに・・・いろいろ解決!
 
 
こちらは「えび豆」
えびのヒゲが苦手なお子さまに
裏技を教えていただきました!
 
先にフライパンで炒る
なるほどです!
 
煮ている合間に
参加者さん同士、ご家庭の手料理レシピを
教え合ったり・・・
和気あいあいで、うれしいです
 
みりんを入れて・・・
仕上げです。
 
「どう?いい具合?」
「やわらかくておいし~い!」
 
二品の完成です。
(オマケに薪ストーブで社長が焼いてくれた焼き芋も)←美味しかったです
 
「たらが柔らかく炊けてよかった!」
「買ったえび豆より柔らかくておいしい!」
「先生にいろいろ質問でき、みなさんとも楽しく過ごせた」
 
など、うれしいご感想をたくさんいただきました。
 
 
今後もふくらの杜では、
暮らしを愉しむイベントを
いろいろ考えていきます。
 
ぜひご参加下さい

1ページ (全80ページ中)