センムの川瀬です(^^)

雨の少ない梅雨ですが、田畑にはもっと降ってもらわないと・・・ですね。

さて、国友町で工事をさせていただいているT様邸。

伝統の大工技法と新しい快適の仕掛けを織り交ぜた、落ち着きのある地域住宅で、関わっていただいている大工さんや各職方さんも、気合い入っております。

只今棟梁の奥出さんは、玄関の天井の仕事をされてますが、『格天井』といわれる升目の天井をアレンジして、最高の仕事を後世に残したい!と決して機械ではできない

複雑で凝った加工に挑んでくれています。 


しかも自ら!

この意気込みには本当に頭が下ります。

仕上がりが楽しみです。

 

大きなお宅ですので、部分部分で工程が進んでおり、生活のスペースでは、凄腕左官職人の木津さんが、しっくい塗りの下塗りをされています。


清楚で真っ白な漆喰の明るさで少し部屋が明るくなるんですよ(^^)

書院の方では、これまた凄腕宮大工の江菅さん親子が精巧な手仕事で樹齢100年以上の良質な杉材を、鴨居やランマなどに加工して組み込んでくれてます。

親子で仕事風景なんて撮ったことないでしょう? ということで、パチリ。



いい写真です(^u^) 息子で弟子の達也くん、がんばって!


現場は、ロマンであふれています。

1ページ (全95ページ中)