髙山衣代 自己紹介へ

『感響匠の会』定例総会を開催しました!

広報企画のたかやまです。

内保製材の「感響の家」づくりに携わっていただいている協力業者『感響匠の会』。

昨日、匠の会定例総会を開催しました。

 

匠の会では、これまでは毎月1回例会を開催し、「どうしたらお客様に喜んでいただけるか」、「本物の家づくりとは」など、より一層の技術向上・満足度向上のために取り組んできました。

コロナ禍でこの3年程、回数は減ってしまいましたが、ようやく今年は毎月開催する予定です。

総会には、お忙しい中、多くの協力業者の皆様にご参加いただきました。

 

まず、総会開催にあたり、弊社代表川瀬より挨拶、つづいて新入社員斎藤さんの紹介。

今後、現場などで見かけたときにはお気軽にお声掛けくださいね!

 

つづいて、説田屋根工業の説田会長をはじめ、各役員さんより報告・計画などお伝えいただきました。

今年度は、安全大会、CSR活動、親睦旅行など、ここ数年出来なかった活動もしっかりと行っていく予定です。

匠の会の皆様、どうぞよろしくお願いします!

 

総会に引き続き、今年度の会社の取り組みや方針などを匠の会の皆様にも共有させていただきました。

まず代表川瀬より、先月10周年を迎えたふくらの杜について。

10年前、なぜふくらの杜をつくろうと考えたのか」

節目を機に、当時の想いと現在も変わらない想いを伝えました。

また、会社として大切にしている考え、行動指針なども伝え、匠の会とともに家づくりを通してお客様に喜んでいただけるよう、社員一丸となっていく決意を共有しました。

 

続いて、各課の今年度、重点的に取り組む目標について発表。

総務、営業、広報、設計、工務、製材、それぞれが匠の会の皆様に伝えたい想いや目標を発表しました。

まだまだ至らないところが多い私たちですが、「家づくりでお客様に感動していただきたい」「職人さんの技術や誠実な仕事で私たちの力になってもらいたい」との想いが伝わったらうれしいです。

 

最後にセンムのプレゼン。

今年度の内保製材のスローガン「襷をつなげよう!」の話。

匠の会の職人や私たちが、それぞれの役割をていねいに全うし、次の走者に襷をつないでいく。

駅伝のように、周りからは応援の声でサポートし、みんなでゴール(家の完成、お引渡し)を喜ぶ。

そんなチーム力で家づくりをしていきます。


 

 

そしてそして。。。

今年はようやく懇親会の復活!

総会後、同じくグランパレー京岩さんにて、美味しいご馳走とお酒をいただきながら、普段なかなかゆっくりお話できない職人さんたちと楽しい時間を過ごしました。

「高山さんと初めてお酒飲むなぁ!」

そう言われた方もあり、この3年のブランク、これから挽回するぞ!と思いました!

 

役員の皆様を労う西岡くん。

事務局として準備からお疲れ様!(もうすぐパパ!!実は秒読み!)

 

お食事を一緒にしながらのおしゃべりは、やっぱりいいものですね。

普段、現場ではちょっとシャイな職人さんとも、楽しく話せました!

また、現場でお会いした時には、よろしくお願いしますね!!

 

そんなこんなで。。。

これからもお客様の感動の家づくりのために、誠実な仕事をしていくことを皆が心に誓った一日でした。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

1ページ (全94ページ中)