髙山衣代 自己紹介へ

須川純一展 -鉛筆画の世界-

広報企画のたかやまです。

芸術の秋真っただ中、明日11/18(金)~ふくらの杜にて絵画展がはじまります。

 

「須川純一展 - 鉛筆画の世界 -

 

鉛筆一本で繊細に描かれる須川純一さん(長浜市木之本町在住)の絵。

 

「どうしてモノクロの鉛筆だけで描かれるんですか?」と尋ねると、

「鉛筆の線の重なりで色を表現していて、例えば色を認識できない人が見ても、それぞれにイメージして見てもらえる」

とおっしゃる須川さん。

 

モノクロの世界だからこそ、見る人の感性で色彩を感じることのできる鉛筆画は、とても奥深い魅力があります。

 

 

絵本の表紙のようなファンタジーな作品や、とても繊細に描かれた鳥や動物たち。

一枚一枚、惹きこまれる作品ばかりです。

(何枚か、写真に撮ったのですが…実際にご覧いただかないと伝わらない魅力だと思い、このショットのみ投稿します)

 

今回展示いただく鉛筆画は、35作品。

須川さん初の個展、その会場にふくらの杜を選んでいただきとてもうれしいです。

11/18()22()の会期中、須川さんは在廊される予定です。

実際に絵を描かれる様子もご覧いただけるそうですよ!

また、作品をご購入いただくことも出来ます。

 

須川純一展 - 鉛筆画の世界 -
【会期】2022.11.18(金)~22(火)
【会場】暮らしギャラリーふくらの杜(長浜市内保町7)
【入場料】無料
【観覧時間】10:00~16:00
【主催】アベイユ合同会社さま
【共催】長浜市社会福祉協議会さま

 

こんなにちっちゃくなるまで使われている須川さんの鉛筆たち。

この一本一本で描かれる須川さんの鉛筆画、たくさんの方にご覧いただけるとうれしいです。