スタッフブログ

北村祐子 自己紹介へ

見守り、楽しむ家。

設計の北村です。

毎日暑い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

オリンピックが始まって一週間。連日のメダルラッシュ、嬉しいですね!

勝っても負けても互いを称えあう姿に心打たれます。

画面越しではありますが、最後まで応援したいと思います。

 

さて、今回は今月お引渡しをさせていただいたお家をご紹介したいと思います。

新しく完成したお家は奥さまのおばあさまが住まわれているお家の隣に建築させていただきました。

 

 

 吹抜の窓から自然光が入り、日中でも明るいリビング。

 

南東に設けたコーナーの木製サッシは建具の枠(框)を見えなくすることで、外の景色をすっきり見ることができます。

 

L型に設けたデッキは風通しも良く、おばあちゃんが畑仕事の合間に休憩するお気に入りの場所とのこと。

 

リビングダイニングとひとつながりの空間ですが、それぞれをゆるく分けることで空間にメリハリが生れます。

キッチンのペンダントライトはFUTAGAMIのもの。奥さまセレクトの照明器具です。

今回はカウンターの天板や扉の面材にタモ材を使用。桧の床材や杉の天井板とも相性が良く、すっきりとした印象に仕上がりました。

 キッチンの奥には広いパントリー。

 

オーブンレンジや炊飯器などの家電置き場も兼ねており、リビングから見てもすっきりとしたキッチンになります。

 

先日、ダイニングテーブルとチェアも無事に納品されました。

こちらは飛騨の家具メーカーのもので、オーク材のすっきりしたデザインが部屋の雰囲気にとても合っています。

 

 

 造り付けの洗面カウンター。

カウンターと洗面ボウルが一体型なので掃除もしやすく、水はねをサッと拭けるのもうれしいですね。

 洗面スペースを挟んで、それぞれ洗濯スペースとクローゼットを設けました。

洗濯物を洗ってからしまうまでの一連の作業をスムーズに行うことができる家事ラク動線です。

 

 

 二階の吹抜からの眺め。

晴れていれば伊吹山もはっきり見ることも!

 

建物の完成と同時に外構工事も進行。

植栽工事は「庭の木」さんにアオダモとオリーブをメインに植樹していただきました。

暑い中ありがとうございました。

 

 

板塀も残すところあと少し。

 

 

以前は砂利敷だった敷地内ですが、母屋から新居への通路、また母屋から畑への通路は舗装され、安全に行き来ができるようになりました。

 

工事中は現場に行くといつもおばあちゃんが畑仕事をしておられ、お話ししたり、時には畑で採れたイチゴをいただいたり・・・子供の頃に祖父母の家に行くような・・・ホッとする温かさを感じる現場でした。

そんなおばあちゃんを見守りながら暮らすお孫さん夫婦の家が完成しました。

家事や育児に忙しい共働きのご夫婦が、週末にはおうち時間や趣味のアウトドアを思いっきり楽しんでもらえるといいなと思います。

 

記事一覧|2021年7月

ページトップへ