スタッフブログ

手書きで伝えるこころⅡ

髙山衣代 自己紹介へ

広報企画のたかやまです。

先日、大澤記代子先生を講師にお迎えし、「心を伝える筆文字教室」を開催しました。

前回同様、満員御礼!(※昨年の様子はこちらから)

参加者みなさん、あっという間に大澤先生の魅力に惹きこまれ・・・。

とっても楽しいひとときを過ごしていただきました。

 

まず教えていただいたのは「書道」と「筆文字」の違い。

書き順や太さ、な~んにも気にしなくてもいいよ!と。

太い線を書くって、案外難しいんですよね。

はじめは戸惑っていたみなさんですが、先生の筆遣いを見て

「え~~!同じ筆ペンですか??」とびっくり。

 

ちょっとしたコツと、自由なココロで

みるみるうちに、こんなに素敵な筆文字が!

 

「一番美しい言葉『ありがとう』を書いてみましょう!」と先生。

 

いろんな『ありがとう』が・・・!

 

カラーを使った筆文字にも挑戦していただきました。

文字にやわらかさや楽しさが加わって、さらに素敵です。

「楽しいなぁ~!」

「芸術家になったみたい!」

「楽しい!ほんとに楽しいわぁ~!!」

会場が笑顔でいっぱいに。

 

今日一番の作品を額に入れて・・・

 

先生から皆さんに・・・一人ひとりに違ったメッセージのプレゼントも!!

日頃のささやかな場面に、筆文字で心を伝えるって・・・いいですね。

 

はじめは「難しそう」と言っていたみなさん。

最後には、こんなに素敵な笑顔です!

 

もうすぐ年賀状の季節。

筆文字で心を伝えてみてはいかがでしょうか。

記事一覧|2019年11月

ページトップへ