スタッフブログ

皆さん、こんにちは。

立冬も過ぎて、少しづづ肌寒くなってきましたね。

温かいお鍋が恋しい季節です。

 

行楽シーズン真っ只中ですが、

ここ湖北地方でも紅葉が楽しめる名所が沢山あります。

今回は秋晴れの休日に訪れた「湖北秋の名所」をご紹介したいと思います。

(もちろん自転車での散策です!)

 

 

先ずは一ヵ所目。

この写真で解る方はいらっしゃいますか?

 

 

長閑な景色の中、遊歩道を歩いて行きます。

この先には…

もう定番の観光スポット

昨年は報道ステーションで生中継された「鶏足寺」の紅葉です。

このお寺の紅葉は、書籍「死ぬまでに行きたい!世界の絶景 日本編」でも紹介されており

近場なので、是非一度行って頂きたい場所です。

 

 

朝早く訪れたのですが、何人かの方がベストショットを狙おうと

参道にカメラを向けられていました。

青空と紅葉のコントラストがとても綺麗で、参道奥との明暗の差も絶妙です。

 

少し時期が早い(11/12)のか、時間帯が悪いのか、葉っぱの赤みが少なく感じられました。

11月中旬より色づき始め、見頃は下旬のようです。

※紅葉は太陽に照らされると、色が薄くなってしまうので、太陽が紅葉に

当たらない時間帯(早朝6時頃、夕方5時頃)に撮影するのがベストの様です。

 

 

続いては、会社からも近い場所なのですが…

ここは私も初めて訪れる場所。

 

 

 

「近江孤蓬庵」です。

名前は知っていたのですが、近場にこんな所があるとは…。

こちらのお寺は、遠州流茶道の祖「小堀遠州」の菩提寺だそうで、

明治に入って荒廃していたお寺を、昭和に入り再建されました。

その時に「遠州好み」の庭園も補修整備され、県の名勝にも指定されています。

 

 

 

 

 

先に訪れた紅葉と違い、建物の中から見る紅葉は、また違った趣があって

とても感慨深いものがあります。

内と外との繋がりや明暗の対比など、設計する上でとても参考となりますし、

自分の感性を刺激します。

 

今回は二つの名所をご紹介しました。

みなさんも、湖北の秋を満喫してみては如何でしょうか?

記事一覧

1ページ (全53ページ中)

ページトップへ