スタッフブログ

鵜瀬雄大 自己紹介へ

心こもる刻みの建築

こんにちは、工事部の鵜瀬です。

今回は刻みによる建築についてのご紹介です。

刻みによる物入れ+趣味部屋を建てるということを聞きつけたので、建て方に向けて加工をしておられる自社加工場へ行ってきました。

今回は垂木が化粧(そのまま見える)ということで大工さんがペーパーがけをされているところでした。

 

 

このように化粧となる材料は、大工さんが一本一本丁寧にペーパーがけをしていきます。

 

 

こちらは継手(母屋と母屋など(材と材)をつなぐ部分)や仕口(梁と梁など(材と材)が交差する部分)の加工がされた構造材です。

 

 

組み立て方を計算しながら加工をしなければならず、大変難しい作業になるのですが、流石大工さんですね!

現在では、機械で構造材を加工するプレカットが主流。

刻みは手間ひまもかかり、技術も必要としますが、大工さんが一つ一つ加工をされるのでより心がこもるように感じます。

また、手仕事ということで唯一無二の建物となり、お客様もより愛着が湧くのではないでしょうか。

組み上がりがとても楽しみです!

 

 

 

 


▼感響の家のカタログを無料でお届けします!

「住まいの実例集」や「モデルハウス」「生涯無料点検案内」「情報誌kokotiのバックナンバー」などをお届けします

 

▼開催中のイベントはこちら

 

▼SNSもご覧いただけるとうれしいです!

    

 SNSインフォメーションはこちら

記事一覧

1ページ (全74ページ中)

ページトップへ