スタッフブログ

取材へGO~!お住まい宅訪問編~彦根へ

髙山衣代 自己紹介へ

企画広報のたかやまです。

今回の取材へGO~!は「お住まい宅訪問編」。

お引渡しから2年、彦根市鳥居本町のK様のお住まいへ、ともこさんと2人でGO~!!

Uターンで滋賀に帰るのをきっかけに、ご実家の母屋の隣に建てられた若夫婦のお住まいです。

 

この日は、外にはまだたくさんの雪。

ですが、家の中はポッカポカ!!子ども達も、はだしで駆け回っていました。

「2階は暑いんやで~!」と子ども達。

「どれどれ~?」と行ってみると、なんと26℃!

薪ストーブだけで、とってもあったかいですよ!とご主人。

吹き抜けの2階に干した洗濯物も、半日ほどでカラリと乾くそうです。

 

お引渡しから2年が経ち・・・

K様ご家族の『色』にされ、暮らしを愉しまれているご様子。

本が大好きなご家族、いくつもある大容量の本棚が、どれもぎっしり。

子ども達の遊びのスペースには、電車のレールが部屋いっぱいに!

段ボールで手作りしたおもちゃもたくさん。

とってもかわいいガチャガチャ。完成度がスゴイ!!

毎日の楽しい様子が伝わってきます。

 

昨年つけられたハンモックも、暮らしに馴染んでいましたよ。

 

K様ご家族の家づくりには、たくさんのこだわりがつまっています。

「ホントにこだわりまくりましたよね!」とご主人。

モデルハウスや見学会、いろんなお家を見て「これいいな」「こんなことやりたいな」と思ったものを、どんどんメモしていったそうです。

お気に入りの場所は?とお聞きしたら・・・

ご主人は、「全部好き!」。

それを聞いて、私たちも本当に嬉しかったです。

 

↓「ここが大好き!」と案内してくれた子ども達。

小屋裏収納です。子どもって狭いところがワクワクするんですね!

 

このリビングの立派な梁。おじいさんの隠居に使っていた梁を再利用されています。

「最近じわっとヤニが出てきているんですよ!木はまだ生きてるんですね。」と、おじいちゃんっ子だったというご主人。

「この梁、残しますか?って提案してもらった時、そんなん出来るんですか!って嬉しかったなぁ・・・」と話してくださいました。

 

そして・・・こだわりは、柱や階段手すりにも。

当時、奈良まで探しに行かれました。

ユニークな形の木は、手にしっくり馴染む階段手すりに。

 

リビングにはおじいさんの梁とともに、存在感のある立派な枝付きのシンボルツリー。

 

玄関には手すりにもなる印象的な柱。

「奈良の銘木」にこだわったK様。

その理由は、奥様が生まれ育った土地だからでした。

「木のまち桜井」ご出身の奥様、奈良吉野のスギやヒノキが使えたら・・・とのご主人の想いからです。

滋賀でふるさとを感じることができます。

 

取材にお伺いしたこの日、ちょうど「年に一度の家族写真」の撮影をされていました。

長いお付き合いという、芦屋のKafkaさんです。

 

このチラシは2年前、見学会のために当社で撮影したもの。

 

当時と同じアングルで、一年後に撮影された写真がこちら↓(photo:Kafkaさん)

こんな素敵な家族写真、最高です!!

 

今年の一枚はこちら↓(photo:Kafkaさん)

この一年で新たに加わった「お気に入り」などに囲まれて。

 

この家とともにご家族が時を重ねていかれるんだなぁ・・・と、家づくりに携われたことを本当に嬉しく感じました。

今回の取材では、家づくりのきっかけや、こだわり、四世代が交わる暮らしなど、いろんなお話をお聞きしました。

次号の情報誌kokoti3月号(2/25発行)で「お住まい訪問」として、たっぷりご紹介します。

お楽しみに!!

 

 


   

記事一覧

1ページ (全54ページ中)

ページトップへ