皆さんこんにちは。

 

昨日は鳥取県で大きな地震が発生しましたね。

広範囲で揺れを観測したみたいで、ここふくらの杜でも結構な揺れを感じました。

早く余震がおさまって、平穏が訪れることを願います。

 

今回は地震に絡む改修工事をご紹介させて頂きます。

長浜市内にて、現在工事中のK様邸

現在、大規模なリノベーション工事の施工をさせて頂いてます。

 

築40数年の建物に数回増築を重ねたK様邸ですが、地盤の状況が悪く

増築された部分が少し傾いた状況でした。

今回の工事は傾いた部分を取り除き、既存部分の主要な骨組みを残し、

全面的に改修を行います。

  

 

基礎補強工事の状況です。

解体後の現場確認を行った所、既設の基礎が無筋で、所々クラックが発生していました。

(傾いた増築部分との取り合い箇所にクラックが多かったです)

既設の基礎に新たな基礎を抱かす形で基礎補強を行いました。

  

 

基礎補強の他、骨組みも補強を行っています。 

新たに耐力壁を設置した状況です。闇雲に補強壁を入れれば良いわけではなく、

主要な構造ライン、上下階の関係やバランスを考えて適切に補強を行います。

  

既存の筋交にも金物にて補強を行いました。

  

木耐協のデータでは、耐震補強工事に係る平均工事金額は約150万円といった

金額が出ています。(結構な金額ですね。)

すべてを補強しようとすると費用がかかってしまうため、費用対効果の高い補強工事から

進めていくことが重要だと思います。

  

「うちの家は大丈夫かな?」 「リフォームのついでに耐震補強も考えたい」など

大小工事関わらずお気軽にご相談下さい。

 

設計部 イイオ

1ページ (全94ページ中)