総務の川瀬です。いよいよ、夏休みになりましたね。

先日、長浜市高月町西野にある西野水道に行ってきました。
長男が湖北野鳥センターの事業『こほたん』に参加しており、今回は西野水道探検だったので
ついて行ってきました

西野水道は、湖北地方の方は小学校で学習する方も多いかと思います。

昔、西野地区は余呉湖から流れる余呉川の水が氾濫すると田畑が水につかり、飢饉に悩まされていたそうです。

江戸時代、山をくり貫いて余呉川の水を琵琶湖に流し出す排水路を作られたのが西野水道です。

西野水道に入る前は、小雨が降っていました。

大人は、頭がぶつかりそうになりながら、暗く狭い水道を通っていきました。

水道を抜けると雨が上がり、きれいな琵琶湖が広がっていました

参加されたお子さんは、琵琶湖に入り網で、小さな魚、小エビなどをとっていました。

服がぬれても、子ども達は、自然の中で、とっても楽しそうです。
この場所は、琵琶湖岸の中ではめずらしく車道が近くになくて静かです。

きれいな琵琶湖が見ることができるので、よかったら行ってみて下さいね

1ページ (全79ページ中)