センムの川瀬です。

降るか! 降るか?! と思いながらも

降らない今年の雪。

最初は、なん~て楽な・・・と思ってましたが、

何十年と、毎年あるものがない・・・というのは

やはりなんだか、ヘンな感じ。

というか、だんだん不気味ですらある。


今週は、いよいよ降るかな、、、雪。

それはそれで困るのだが(どっちやねん!)


さて、内保製材には『宿泊体験ができるモデルハウス』があります。


平成17年にオープンして、家づくりの検討材料に、実際に木の家で暮らす

体験ができるというもの。

自然のチカラを活用したパッシブソーラー工法で、夏も冬も冷暖房に頼り切ら

なくても快適。。。といってもホントかなぁ???

って、実際に泊まれるので、それぞれお客さんの基準で感じてもらえます。


もう10年経つというのに、年々希望者が増え、厳しい夏、冬場には、

毎週のように体感宿泊に来てくださってますよ(*^_^*)

体感してほしいことはたくさんありますが、今日は自慢の家中温度差

の少ないことについて。

家の中の温度差は、人間の健康状態に大きく影響すると言われています。


延べ床面積43坪の吹き抜けを介して1.2Fもひとつながり

(廊下など間仕切りのない)の広がり間取り。


家族の自然な会話が生まれる、家族の繋がりを大切にする方に向い

た間取りの手法です。

が、何せ広い!ので冷暖房大丈夫?という不安も?!

1階の一番端っこから2階の一番奥までの温度差はどう?

なども、実際に体感をもってたしかめられます。

冬は、薪ストーブでの暖房ですが、エアコン暖房希望の方はつけずに

泊まって頂いてどんなものか確認できますよ。


昨日のお客さまもエアコンで体感したいとのことで泊まられました(^u^)

朝のお迎え時、家の中の各所に設置した温度計はこんな感じ。

1階いちばん端っこの窓辺のカウンター上

1階リビング北窓脇の物置棚の上

2階吹き抜けの共用ホール本棚上。

2階いちばん奥のクロゼット(入口の戸締め切り状態)

・・・・リビングのエアコン1台(暖房10畳用)の運転のみの朝です!

2階の閉めっ切ったクロゼットでも2℃程度の差。

なかなかですよね。 朝から背伸びができます((+_+))

それでも体感温度は人それぞれなので慣れてしまえば寒かったり

暑かったり。。。と。 自分に合うかどうかですよね。


廊下など、温度差で寒過ぎておなか痛くなるくらいの我が家とは大違いです、ホント。

トホホ・・・。

1ページ (全80ページ中)