川瀬文明 自己紹介へ

コトづくりモノづくり

先週の寒波から、今日は冬の雨。。。。

しかも寒くない。やっぱり温暖化進んでるんかな。

今日は今年初めて、第1棟目の『からきだち』の予定でしたが、天候の回復を待って、延期とさせていただきました。

待ち遠しいですね(^u^)


さて、今日のネタは、コトとモノ。

住宅という「タテモノ」をつくる

モノづくりをしているわけですが、人が、家族が毎日暮らす器ということで、

やっぱり「コトづくり」をしているわけです、はい。

建売住宅や、分譲住宅はどちらかというと建物づくりがメインですが・・・。


内保製材のように、木材の生産から、住む人の一人ひとりの思いや、夢を聞かせてもらいながら、「そういう想いや夢があるなら、こんなんどうですか?」と

夢が叶うためのお手伝いをしているのが、注文建築屋さんです(^u^)

今日は、そのお手伝いの中でも、最も重要とも思う設計プランニングの部分の一部の〃お仕事中〃を見せちゃいます。

建て主さんのご要望をしっかり聴いて、まずは、ものすごい妄想の中ふくらみきったところで手を動かす。

ゾーニング→エスキース(ラフ書き)→煮詰め→間取りと立面図(手書きです(^u^))

→模型づくり

44歳になる飯尾さん、、、老眼が始まり目が見えん!!!と奮闘中。

→プレゼンテーション図面→手書きパース書き→色付け→イロイロ書き込み

31歳北川くんは、パースを書くのが上手なのだ!

→設計趣旨まとめ→綴じ込み→楽しみに待っておられる建て主さまにプレゼン!!


基本、どれもこころの中でワクワクにやにやしながらです。

「良い家での暮らし」は「良い設計(プラン)」なくしてはあり得ません。

ここには、特に力を注いでいるんですよ。

感響の家の内保製材を支える、設計さんのシゴトでした。

去年のおうちの例。。。


この模型の実写版!

ワタシも設計を経てきてるので、ウズウズします~

PS、現在内保製材では、木の家の暮らしを夢見る方にお役立ちになりたい!
   設計したい!!!という気持ちをもった方を求めてております。
   どなたかいらっしゃいましたら、是非、ご一報ください(^^)/

1ページ (全98ページ中)