スタッフブログ

髙山衣代 自己紹介へ

ご夫婦の素敵な二人三脚~肥田文子さん絵手紙展

 広報企画のたかやまです。

また少しずつコロナの感染が拡大していて、心配ですね。

 

そんな中、ふくらの杜では現在、肥田文子さん絵手紙展~コロナ禍の中で暮らす日々~を開催中です。

 

四季折々の湖北の風景や、心動かされたことを、81歳になられた現在も、日々絵手紙に表現されている肥田さん。

49歳で描きはじめ、30年以上にわたり毎日描き続けておられるそうです。

そのすべての作品を、大切にパネルに仕上げられているのがご主人の嘉昭さん。

本当に素敵な二人三脚。

お会いするたびに、心があたたかくなるご夫婦です。

 

今回の絵手紙展のテーマは「コロナ禍の中で暮らす日々」。

これまであたり前に過ごしていた日常が、コロナ禍で一変してしまった中で描かれた作品の数々。

 

肥田さんのあたたかさや強さ、願い。

 

 

一枚一枚が語りかけるようで、絵と添えられている言葉に惹き込まれます。

 

中には、「忘れられぬ友との別れ」と題したものも。

私もご縁のあった方のことも綴られていて、絵と言葉に胸がしめつけられる想いです。

 

今回の会期中、肥田さんご夫婦はご都合のつく限り、会場にお越しいただいています。

連日、たくさんの方が見に来てくださり、肥田さんとのお話も楽しんでくださっています。

 

先日は、長浜市出身の「びわこの歌姫」塚田陵子さんがお越しくださり・・・

偶然居合わせた皆さん、即興コンサートをお楽しみいただきました!

本当に素敵な歌声でした。ありがとうございました!

 

絵手紙展の会期は11/30(月)17時まで。(11/23.25は休館日です)

詳しくはこちらをご覧ください

お近くにお越しの際は、お気軽にお立ち寄りください。

 

 


   

記事一覧

1ページ (全64ページ中)

ページトップへ