スタッフブログ

ひのきの「かんなフラワー」が咲きました!

髙山衣代 自己紹介へ

広報企画のたかやまです。

先日、暮らしギャラリーふくらの杜で「かんなリボンでつくるフラワーBOX」のイベントを行いました。

大工さんが木材を削ったときに出る「かんなくず」。

木の家をつくる内保製材には、このかんなくずがたっぷりあります。(当社の大工加工場にて)

 

かんなくずは、その名の通り、そのままではクルクルと丸まって「くず」と呼ばれてしまうのですが、これにひと手間かけるときれいなリボン状になります。

まず、クルクルと丸まったかんなくずに湯気を当て、きれいなリボンにする様子を見ていただきました。

「へぇ~~!」と興味津々のみなさん。

木の特性って、おもしろいですね。

 

そして、いよいよかんなリボンのお花づくりに挑戦です。

最初は、「出来るかな~?」「難しい~~」

 

すぐにコツをつかんでいただき、黙々と集中・・・。

いろんな大きさ、いろんな表情のバラが出来ました。

慣れてきて、とってもスムーズにスイスイと!

 

親子で楽しいひととき。

 

とっても上手に出来たね!

 

ふんわりとした花びらがキレイです。

こんなに素敵な「ひのきのバラ」が出来上がりました。

 

ドライフラワーをちょっと添えて・・・。

想いのこもった作品が完成。

 

 

「自然のもので楽しむモノづくり、癒されました」

「味があり、キレイに仕上がった」

「出来るか不安でしたが、出来上がってよかった!」

など、楽しんでいただけたようで、とてもうれしかったです。

 

今回、イベント開催にご協力いただいた東京の相羽建設さん、ありがとうございました。

「かんなリボン」というとっても素敵な名前をご考案され、様々なイベントをされている相羽建設さん。

キレイに作るコツもお教えいただきました!

お送りいただいた「ブーケ」や「ヘッドドレス」のお写真には、皆さんから「素敵~~~~!すごい!!」との声。

小俣さん、小川さん!本当にありがとうございました!!

 

かんなリボンでつくるお花、「今度はこんなことしてみたいな・・・!」と密かに夢がふくらんでいる私。

いつか、実現させたいなぁ・・・!

(具現化した際には・・・ご報告しますね!)

 


   

記事一覧

1ページ (全59ページ中)

ページトップへ