スタッフブログ

インターンの学生さん再び!!

髙山衣代 自己紹介へ

企画広報のたかやまです。

2週間ほど前になりますが・・・

9/11~13の3日間、内保製材にまたまた爽やかな風が駆けぬけていきました~!

3月に引き続き、『日本の地方を、滋賀で見る。』と題したローカルインターンキャンプ。

北は福島、南は沖縄!全国各地から集まった大学生が、5日間びわ湖畔に泊まり込み、自分らしい「働き方」や、地方で働く魅力を、一週間でとことん考え抜いてくれました。

 

今回、内保製材に来てくれたのは・・・

滋賀県立大学3年の肥後さんと、福島大学3年の上路くん。

初日は、代表の川瀬より企業理念や、地域工務店としての想いなど、内保製材という会社を知ってもらうところから。

そして専務の「家づくりへのこだわり」を真剣に聞き、いろんな質問を投げかけてくれる2人。

カンナくずの香りを比べ、天然乾燥と人工乾燥の違いに驚いたり!!

午後には、我が社の原点、「製材所」へ。

製材部スタッフの「木への想い」を熱心に聞く2人。

日本の木、地域の木を使うことの意味を、感じてくれたらうれしいなと思います。

木のことを知ってもらったあとは、実際にモデルハウスへ!

まず、企画提案型住宅イロハ。

一歩入ると・・・「めっちゃイイ~!」「2階も見ていいですか~~!!」と。

 

暮らし体感型モデルハウス内保展示場では、2つあるハンモックにユ~ラユラ。

「こういう空間いいなぁ」「1階とつながってる!すごい」と、『木の家の暮らし』にいろんなことを感じてくれたようです。

 

2日目と3日目は、設計、工務、アドバイザー、広報など多くのスタッフと話す時間に。

「働く」ことや「やりがい」、「内保製材スタッフとしての想い」、「これからどうありたいか、どうするべきか」など踏み込んだ話も。

時には2人で頭を悩ませながらも、いろんな角度から質問を投げかけてくれました。

 

工務の藤さんは、建築中の現場の案内も。

多くの職人さんの手仕事でつくり上げていく家づくり。

実際に大工職人さんとも話し、積極的に質問する姿も。

余った端材に「記念に欲しいです!どれがいいですか?」と肥後さん。

「これはどう?」と、切り口の特長を見ておススメする藤さんです。

なかなか見ることのない建築現場。内保製材のことを、さらに知ってもらえたかな。

3日目のお昼ご飯は「内保のカレー」!今月の当番の「内保三姉妹」さんです。

みんな揃っての昼食を楽しみにしてくれていた2人。

ワイワイ、いろ~んな話をしながら楽しい昼食タイムでした!

わずか3日間でしたが、出来る限り同席した私にも、たくさんの「気づき」をいただきました。

一緒に働くスタッフの「会社への想い」や「これからこんな働き方をしたい」など、普段聞くことのなかった想いを聞くことができ、嬉しい時間になりました。

 

インターンプログラムの最終日、参加企業12社へのプレゼン発表です。

順番が回ってくるまで、我が子を見守るようにドキドキです・・・。

わずかな準備時間の中、考え抜いてくれた提案。

肥後さんと上路くんから、内保製材への素晴らしい「3つの贈り物」をいただきました。

 

先日、このプレゼンを受けて社内会議をしました。

「なかなか出来ていなかったことを上手く提案してくれたね」

「3つの提案、全てを取り入れよう!」

と、さっそく動き出すこととなりました。

 

若い爽やかな風を吹かせてくれた2人。

「内保さんで過ごせた3日間があっという間で、内保さんで働く方の人の良さや、作っているものの魅力を知れて本当に良かったです。」

「得たものが多すぎてまだ整理はついていません!」

「また伺いたいと思っているので、よろしくお願いします。」

との言葉にうれしく思いました。

2人のこれからの人生に、少しでも今回の経験を活かしてもらえたらうれしいです。

 

そして「四方よし」の理念のもと、さらに前へと進めるようスタッフ一丸となって頑張っていこう!!と想いを引き締めました。


   

記事一覧

1ページ (全55ページ中)

ページトップへ