髙山衣代 自己紹介へ

薪ストーブのある暮らし、はじめませんか?

広報企画のたかやまです。

先日、モデルハウス響の杜で「薪ストーブ料理」を作ってみました。

メニューは豪快に…鶏の丸焼き!さらに焼き芋、ピザ、ポップコーン!

 

というのも、2/18()開催の「薪ストーブのある暮らし体感会」の練習です。

昼食直後だというのに、盛りだくさんのメニュー!

 

薪ストーブ料理って、どうしてこんなにワクワクするんでしょうね。

日常の中に、ちょっと特別な時間が生まれるような気がします。

鶏の丸焼きを準備している間に、薪ストーブの炎が落ち着いてくるのを待ちます。

 

このように「熾火(おきび)」になればOK!

熾火は、炎は上がっていませんがとても高温。

火力が安定しているので調理に適している状態なのです。

 

下ごしらえをした丸鶏とゴロゴロ野菜をダッチオーブンに入れ、いざ!炉内へ!

高い保温力でムラなく調理できるダッチオーブン。

しばらくすると、ゴトゴト…!

内部が高温になってきました!

 

30分ほどしてフタをそっと持ち上げ確認。

「もう火が通ってるんちゃう?」と言いながらも、ちょっと心配かな…とあと10分。

もういいかな!と…いざオープン!!

ジュージュー~~!!めちゃめちゃいい匂いが漂います。

ちょっぴりおコゲもありましたが、大成功!!

う~ん!美味しそう!!

 

ピザ(今回はカンタン市販ピザ)は、みるみるうちに焼き目が付いて、あっという間に完成。

 

薪ストーブの上に転がしていたさつま芋もトロトロに!

 

みんなで美味しくいただきました!

 

 

…あれ??ポップコーンは??とお気づきでしょうか。。。

市販のカンタンポップコーン、薪ストーブの上に置いてみましたが…

何分経っても弾けず…。

 

やっぱり直火かな!と炉内で炙ってみたら…

とても危険なのでマネしないでくださいね!!

 

こんなに悲しいことに…(笑)

いい勉強になりました~(^^;

 

「薪ストーブのある暮らし」少しイメージ出来ましたでしょうか?

 

寒~い毎日ですが、「薪ストーブユーザー」さんは毎年冬を心待ちにされています。

お住まい宅に取材にお伺いすると、心から暮らしを愉しまれているのを感じます。

『冬の暮らしが待ち遠しくなる家』

 

そんな憧れの薪ストーブですが、いざお家に導入…と考えると、不安や疑問もたくさんありますよね。

「薪ストーブ一台で家中あたたかくなる?」
「薪はどこで手に入れるの?」
「地震のとき危なくない?」
「設置費用はどのくらい?」
「リフォームでも設置可能?」
…などなど。

 

私自身、憧れはあったものの、実際に目にしたのは内保製材で働くようになってからでした。

薪ストーブに興味があっても、なかなか見ることも体感することも少ないと思います。

 

ぜひ2/18()「薪ストーブのある暮らし体感会」にご参加いただき、不安や疑問を解消していただけたら嬉しいです。

午後の部は満席となりましたが、午前の部(10時~)はもう少しご予約枠が空いております!

 

電気代が高騰しているこの頃、薪ストーブに魅力を感じる方が増えているようです。

また、停電時などにも暖をとることができ、お湯を沸かしたりお料理もできる薪ストーブは、心強いライフラインにもなります。

 

導入をお考えの方や、ちょっと興味がある!という方、ぜひお待ちしております!

 薪ストーブのある暮らし体感会の詳細はこちら

 

今回の試作の様子をYouTubeにアップしました!

↓↓クリックしてぜひご覧ください!

 

 

 

1ページ (全94ページ中)