髙山衣代 自己紹介へ

取材へGO!お住まい宅訪問編~平屋暮らしができる木の家

広報企画のたかやまです。

今回の取材へGO!は、長浜市H様のお住まいへ。

お引渡しは2020年11月。大屋根が印象的な佇まいです。

 

取材時、H様ご家族は、まもなく第三子のご誕生で5人家族に!という状況。

そんな中、快く取材をお受けいただきました!ありがとうございます。

 

そして、なんと!昨日無事にご出産されたことをご連絡いただきました!

と~ってもうれしいです!おめでとうございます(^^)/

 

さてさて、話は戻り。。。

暮らしのご様子を、さっそく拝見!!

5歳と2歳のとってもカワイイお子様たちがお出迎え。

 

木の家一択だったというほど、「木」に魅力を感じていただいていたH様。

住み心地をお聞きすると、開口一番!

「抜群やな!!」とご主人。

「最高です」と奥様。

何ともうれしいひと言です。

 

また、H様のお住まいは、今とても増えている「平屋暮らし」ができる間取り。

一階で生活が完結できるよう、寝室やクローゼットなどもすべて一階にまとめています。

 

一階寝室の「平屋暮らし」は、見学会でご覧いただいた長浜市今町のお住まい(※「ただいま」と集う居酒屋サロン)がきっかけだったそう。

 

ご出産間近の奥様、階段を昇り降りすることがない暮らしは、とても安心だとお話しくださいました。

クローゼットも一階にあるので、本当に二階に行く必要がないそうです。

 

「平屋暮らし」は、内保製材でもここ数年で急増している人気の間取り。

実際にお住まいのお施主様の暮らしをお聞きすると、その暮らしやすさがよくわかります。

 

今はまだ幼いお子様たち。

「中学生高校生になって、プライベートスペースが必要になったら二階を使ったらいいかな」と。


(二階は現在お子様がゆったりと遊ぶフリースペースに)

 

「思いきって一階寝室にして大正解!」とおっしゃるご主人ですが、実は…

お気に入りの場所は、二階の書斎。

暮らしの便利さとは別に、ちょっと奥まったこの空間が大好きなんだそう。

とっても快適で、仕事もはかどる「最高の場所」とお話しくださいました。

机の横には、リラックスできるソファも!最高です!

 

 

たくさんお聞きしたお話は、まもなくお届けする『情報誌kokoti9月号』に掲載しています。

またひと足先に、ホームページ「お客様の声」でもご覧いただけます!

 

◎平屋暮らしができる一階寝室
◎家族とコミュニケーションのとれる書斎
◎二つのウッドデッキ
◎現場が美しい西川棟梁

。。。などなど。

ご覧いただけたらうれしいです!

 

本当にのびのびと成長されているお子様たち。

 

建築中、ふくらの杜に打合せに来られていた時のことを思い出します。

“だんごむし”や小枝、葉っぱなど、自然と戯れるかわいいお子様♡と、印象に残っています。

この日も、お気に入りの図鑑を見せてくれたり、とても人懐っこくてかわいいお兄ちゃん。

 

「まだ帰らん?」「見て見て~!」など、可愛すぎるお子様たちでした。

 

 私のお気に入りのショット!今回のkokoti表紙に使わせていただきました!

 

柱に成長の記録をされているそう。

ご家族の宝物ですね。

 

H様、本当にありがとうございました。

ご家族が増え、ますます楽しい毎日になりますね!

素敵な暮らし、また拝見させてください!

 

 

 

 

1ページ (全80ページ中)