11月も半ばを過ぎました。

里山の紅葉も色づきはじめ、秋も深まってきましたね。

 

内保製材では毎月全体会議の日に合わせ、社員みんなで食事を共にする「カレーの日」があります。

毎月、指名されたカレー当番がメニューを決め、お昼に向けカレー作りを行います。

 

11月のカレー当番は、製材部の西岡くん、野村さん、そして私の三名。

今回メニューは…

「バターチキンカレー」 「生春巻き」 「ヨーグルトラッシー」

西岡くんがメニューを考えてくれました!

 

お米研ぎもお手の物! 手際よく一升6合のお米を研いでいきます。

 

玉ねぎのみじん切りとニンニクの皮むき…

 

鶏肉をヨーグルトに漬け込みます。

 

ニンニク、ショウガ、クミン、バターを熱し…

ふくらの杜にスパイシーな香りが漂います。

 

バターが溶けたら、みじん切りの玉ねぎを加えてよく炒めます。

 

トマトの水煮缶、水、ヨーグルトに漬け込んだ鶏肉を加えグツグツと煮込んでいきます。

 

10分ほど煮込んだら火を止め、

市販のカレールーを入れ弱火でコトコトと煮込みます。

うーんいい香り…既におなかが悲鳴をあげています。

 

カレーを作っているその合間には…

西岡くんと野村さんで生春巻きの準備を…

 

水菜、サニーレタス、春雨、ハム、カニかまぼこを、

ぬるま湯に浸したライスペーパーで包むのですが…これがなんとも難しい。

さすが野村さん! 手際よく上手に巻かれてました。

 

一方、こちらの方はラッシー作りを…

牛乳、ヨーグルト、砂糖、レモン汁を加え、ひたすらブレンダーで混ぜます。

 

「ごはんですよー!」何とかお昼に間に合いました。

炊飯器のスイッチが入っていなかったアクシデントもありましたが無事に完成です。

カレーの仕上げには西岡くんが生クリームを垂らします。味がマイルドに…

 

 

生春巻きはチリソースを付けていただきます。

カットが上手くいかずに少し崩れていますが…それっぽく見えるでしょ?

 

バターチキンカレーも好評で、トマトの酸味とスパイスの深み、バターの風味が混ざり合い

とても美味しくいただきました。

次のカレーはどんなかな…楽しみです!

 


   

1ページ (全95ページ中)