スタッフブログ

髙山衣代 自己紹介へ

現場へGO!~新モデルハウス上棟編

広報企画のたかやまです。

久々の現場へGO!は、先日無事に完了した新モデルハウス上棟編。

 

GW前の4/26、晴れ渡る青空のもと、早朝より上棟がはじまりました。

普段、上棟現場に立ち会うことのない私ですが、この日は早起きして7時前に現場へ!

もうすでに、大工さんや内保製材の社員が上棟準備を行っていました。

朝の凛とした空気の中、手際よく進められています。

 

大きなクレーン車も到着。

 

どんどんと、空高く伸びるクレーン、かっこいいです!

 

弊社代表、そして北川棟梁より挨拶があり、いよいよ上棟のスタートです。

 

匠の会の息の合った連携で、みるみるうちに柱が立っていきます。

 

真っ青な空に、美しい木材が映えますね!

辺りはヒノキのいい香りが漂い、とても気持ちいいです。

 

今回は、ドローンでの撮影もおこないました。

下から見るだけでも大迫力ですが、上空からの目線はすごいです!


↑モデルハウスから南を見た様子


↑モデルハウスから北を見た様子

鳥になったようで、とても面白いです。

 

今回、なぜ動画を撮ったのか・・・というと、ようやく内保製材もYouTubeをはじめます!

 公開できたら、お知らせしますね。

ぜひ、チャンネル登録いただけたら嬉しいです。

 

さてさて、話は上棟に戻り・・・

お昼前には無事に棟木も上がりました。

上棟って、本当にいつまでも見ていたい!と思うくらい楽しいですね。

朝には土台だけだったものが、わずか数時間で全体のカタチがわかるようになるんです。

大工さん同士の連携、クレーンとの連携、鮮やかな仕事に見とれてしまいます。

 

私もしっかりヘルメットを被り、中にも入ってみました。

「上の足場に登ってみたい!」と言ってみると、「ここから登ったらいいよ」と優しい大工さん!

テキパキ進む作業の中、お邪魔だったと思いますが、上にも登って撮影しました。

間近で見られて、さらに感激。

 

夕方、仕事帰りに立ち寄ってみると・・・

活気ある昼間の様子とは打って変わって、上棟一日目を終えたモデルハウスが静かに佇んでいました。

 

翌日、4/27も晴天に恵まれ、上棟二日目の作業も無事に完了。

社員一同と匠の会メンバーで、上棟式をおこないました。

無事に上棟を終えられたことに、感謝の想いでいっぱいです。

 

これから半年かけて、たくさんの職人さんが造り上げてくださるモデルハウス。

設計の工夫や見どころなど、いろんな社員の目線で今後お伝えしていきたいと思います。

記事一覧

1ページ (全67ページ中)

ページトップへ