設計の北村です。

台風が過ぎ、涼しくなりましたね。

少しひんやりした風が秋の気配を感じます。

 

先日、設計部で建築中の現場をまわってきました。

工事の進捗状況や現場美化の確認などが主な目的です。

 

まず向かったのは、長浜市高月町のT様邸。

JR高月駅の西口近くにて建築中の平屋建てのお家です。

 

玄関脇の外壁に大きく開けられた開口。

これは宅配ボックスを埋め込むための開口です。

最近よく見かける宅配ボックスも外壁に埋め込むことで玄関ポーチがスッキリしますね。

 

キッチンの前にはランダムに並べられた板材が・・・

キッチンカウンター前のアクセントとなる「クリ」の板です。

仕上がりはこのようなイメージでしょうか。

 

内部の間仕切壁の下地が完成し、ボード張りに進みます。

 

続いては同じく高月町にて8月に上棟させていただいたS様邸。

整理整頓された綺麗な現場。

誰もいないのかと思いきや、2階に明雪棟梁が。

この日は軒天の板張り作業とのことで、羽目板の加工、小口のみえる部分まで塗装を施し、丁寧な仕事をしてくださっていました。

 

窓の外には遠くまで見渡せる田園風景が広がっています。

南東方向には伊吹山、南西方向には山本山を望むことができます。

家の中に居ながら自然を感じることができ、ずっとここに居たくなる、そんな心地よさを感じます。

 

湖北の自然に囲まれた、とても眺めの良いロケーション。

周りの景色にしっくり馴染んだ佇まいの外観。

完成が楽しみです。

 

最後は長浜市内のリノベの現場へ。

母屋の大規模なリノベ工事が進行中で、外壁工事を終え、内部工事が本格的に始まっています。

立派な地棟や柱梁があらわになり、昔ながらの伝統工法がみてとれます。

残せるものは活かし、新たに手を加えながら新しく生まれ変わります。

 

リビングの大きな吹抜に薪ストーブ、家族で過ごすゆったりしたくつろぎの間、たっぷりしまえるクローゼットや広々使える水廻りなど、リノベの魅力が詰まったお家になりそうです。

どうぞ完成をお楽しみに。

 

 

 


    

1ページ (全77ページ中)