第4回「木の家の暮らし」写真展

【投票は1/12まで】第4回「木の家の暮らし」写真展

毎年恒例!『感響の家ファミリー』の皆さんのしあわせな瞬間を集めた、第4回写真展を開催!

今年のテーマは「わが家のお家時間」

皆さんのお写真ご覧いただき、「いいな!」と感じた写真にぜひ投票してくださいね。(どなたでも投票いただけます!)

みなさんの投票により『大賞』など各賞を決定いたします!

【会期】2020年12月1日(火)~2021年1月12日(火)
【展示場所】暮らしギャラリーふくらの杜(休館日:水祝、年末年始)または、HPにて
【結果発表】2021年1月15日(金)ホームページにて予定

投票専用フォームはこちら

「わが家のお家時間」を紹介文とともにご覧ください。

作品No.1『縁側ジャンケン大会』(長浜市・しましま さん)

天気の良い日は、ウッドデッキの端から端まで使って親子でドーンジャンケンを楽しんでいます。


作品No.2『ほっこりタイム』(長浜市・しましま さん)

遊び疲れたらおやつタイムを縁側で。足をブラブラさせながら食べるおやつは格別です。「落ちたおやつはアリさんにプレゼント!」だそうです。

作品No.3『木々(もくもく)と遊ぶ』(長浜市・あずき さん)

家中に広がる木の香り。触りたくなる木の温かさ。素敵な家で木々(もくもく)と遊ぶ子どもたちの姿です。

作品No.4『階段で一緒に?!』(高島市・タカシマ さん)

階段で一緒に写真をパチリ。でもお姉ちゃんは、恥ずかしいのか横を向いてしまいました。日常の一コマです。

作品No.5『一列に並べてます』(高島市・タカシマ さん)

お姉ちゃんたちが学校からもらってきた栗を、一番下の子が机に並べて遊んでいます。大きくて美味しそうな栗も子供には遊び道具です(*^^*)

作品No.6『トラ猫さん』(長浜市・メダカの先生 さん)

ご近所さんの飼い猫さん達が、自由に入って来て、気付くと拙宅内でくつろいでいます。まぁいいか。写真は、窓辺にちょこんと座ってのんびり外を見ているトラ猫さん。

作品No.7『バラ達』(長浜市・メダカの先生 さん)

毎年5月~6月頃になるとバラが咲きます。写真は、つるバラアンジェラ(濃いピンク)と、ウッドフェンスに巻き付いているのがつるバラシンデレラ(薄いピンク)。嫁様の趣味で大事に育てて10年近くになります。

作品No.8『新しい家族』(長浜市・はるくんパパ さん)

木の家でのびのび子育て中

作品No.9『うれしいな 僕のおうちや』(長浜市・やまちゃん さん)

棟上げの時、大工さんの仕事する姿を見て、トントンする音や沢山の大工さんがいて格好良くみえたのでしょう、大はしゃぎをして喜んでいた息子の姿です。

作品No.10『ぼくも大工さん』(長浜市・やまちゃん さん)

棟上げの時、なぜかこの部品が気になりずっとずっと一生懸命さわっていた息子の姿です。

作品No.11『わが家の春の風物詩』(米原市・とび太 さん)

ウッドデッキから堤防沿いの桜を見るのがわが家の毎年の楽しみです。昨年4月に生まれた末っ子に「ほら、桜やで!見える?」「あっちにもあるで!キレイやろー」と、一生懸命教えてあげるお姉ちゃんお兄ちゃんの姿に、ほっこりしました(^^)

作品No.12『ねぇね、行ってらっしゃーい!』(米原市・とび太 さん)

わが家で特に木の香りを感じられる玄関!お客さまはみんな、扉を開けた途端「わー木のいい香りやなー」とおっしゃいます。木の香りをまとって、元気いっぱいにお見送り&出発のひとコマです♡

作品No.13『お家で木登り』(長浜市・ひろべのぼんちゃんず さん)

ぐんぐん木登りできるようになって得意気な兄と何とかして追いつきたい弟。住み始めて5年目、当初はシンボルツリーで木登りする姿なんて想像もしていなかったので、子どもの成長に驚いています。

作品No.14『はやくサンタさん来てほしいなぁ』(長浜市・ひろべのぼんちゃんず さん)

リビング階段はキッチンやダイニングからもよく見えるので、季節毎の飾り付けをするスペースにしています。今年は子ども達と作ったアドベントカレンダーでXmasまでカウントダウン。毎日の笑顔がひとつ増えそうです。

作品No.15『ヒノキ階段からひょっこりぴょん』(長浜市・木の呼吸 さん)

臆病なボク(うさぎオス)がヒノキの直階段をがんばって登ったぴょん

作品No.16『ヒノキの階段でうさんぽに挑戦!』(長浜市・僕さくら さん)

うさんぽ(うさぎのさんぽ)タイムでヒノキの階段をのぼるだぴょん !だけど階段がけわしくて登りたいのに勇気がでない僕、まずは立って階段を観察だぴょん。

作品No.17『ハッピーバースデー♪』(長浜市・モコ さん)

お誕生日には毎年飾りつけをして、写真をパチリ。来年も素敵な思い出作ろうね!

作品No.18『入園&進級おめでとう』(長浜市・モコ さん)

家ではけんかばかりだけれど、仲良く園に通う二人。ライバルでありながらも助け合える存在でいてね!

作品No.19『薪ストーブは任せろ!』(長浜市・中村保之 さん)

薪ストーブ焚き付け用の薪が作れたことに喜ぶ長男と次男


作品No.20『あったかいお家』(米原市・りんごのほっぺ さん)

引っ越して最初の夜、気づくと床でゴロゴロしていました。2歳の子どもにも違いが分かるくらい快適なお家です。

作品No.21『はじめての薪仕事』(米原市・りんごのほっぺ さん)

土や木の屑まみれになりながら、薪を運ぶお手伝いをしました。親子共々、楽しい遊びが増えました。

作品No.22『完成したぞ~』(米原市・おかもと さん)

近所のかわいい助っ人くんが、今年も我が家のクリスマスツリーの飾り付けに来てくれました。

作品No.23『娘20歳、家4歳』(米原市・おかもと さん)

パパの方がくすぐったそうな娘の成人式。転勤族だった我が家が家を建て、そこから娘を成人式に送り出せるなんて・・・。内保さんに出会って良かったなと木の家の玄関を背にしみじみと思いました。

作品No.24『にじいろの宝箱』(長浜市・ふくちゃん さん)

孫達は、段ボール箱を車のようにして二人で入ったり、段差のない部屋を押して遊んでいます。無垢の資材が気持ち良いのでしょう。テラスや床の部屋で心地よさそうに遊んでいます。見ている大人も心癒されています。

作品No.25『のんびり、まったり』(彦根市・おおみや さん)

子どものお気に入りの場所。自分でシート敷いて、寝転ぶ姿に思わずクスッと笑ってしまいました。

作品No.26『今年もお世話になります』(彦根市・おおみや さん)
感謝の気持ちを込めてお手入れしました。

作品No.27『小雪の太陽』(彦根市・北川まき さん)
11/22-12/6は小雪。ひさしが大きなわが家はこの季節になると太陽が家の中に1階まで入ってきてくれます。家の中は明るく柔らかい光でいっぱいになります。子どもたちは休みの日にしか出会えない太陽の時間です。

作品No.28『太陽のエネルギー』(彦根市・北川まき さん)
娘が中学生になり勉強机を購入。太陽の光が差し込むと椅子や机にエネルギーが入っていく感じがします。テスト勉強おつかれさま!

作品No.29『日曜の午後』(米原市・西野あきら さん)
ちょうど薪ストーブを入れ始めた時期、ピザを焼いて、まったりとした午後をおうちで過ごします。

作品No.30『花を飾って』(米原市・西野あきら さん)
忙しい毎日を過ごしていても、庭の小さな花を愛おしく思う…そんな小さなゆとりが幸せなおうち時間です。

 

感響の家ファミリーの皆様の「木の家の暮らし」、いかがでしょうか。

いいね!と思われたお写真に投票いただけたらうれしいです!

【会期】2020年12月1日(火)~2021年1月12日(火)
【展示場所】暮らしギャラリーふくらの杜(休館日:水祝、年末年始)または、HPにて
【結果発表】2021年1月15日(金)ホームページにて予定

投票専用フォームはこちら

 

ページトップへ